商品ラインナップ

槐(えんじゅ)の中でも、特に木目の美しい縞槐(しまえんじゅ)で作った一本物の茶筒です。縞槐は、木目に白い斑の入った部分のことで、稀に槐の木の一部に見られますが、大変珍しく希少価値の高い、貴重な部位です。

美圓ブランド


槐(えんじゅ)は中国原産の樹木で、尊貴の木として、最高の官位である「槐位(かいい)」と称され、古来より学問と権威のシンボルとして、出世栄達を願い尊重されてきました。

硬質で緻密な木質は気品に満ち、磨くと美しい艶がでて、完成度の高い作品に仕上がることから、彫刻や細工物のほか、昔から床柱や床カマチなどの建築装飾材として珍重されてきた第一級の樹木です。
”延寿”や”円寿”、”縁授(縁を授かる)”などとも記し、寿命を延ばし、良縁に恵まれる縁起が良い木として親しまれてきました。

木扁に「鬼」と書くため、鬼門に植えると魔除け・厄除けになるとの言い伝えから、日本でも盛んに植樹され、現在では日本全国の広い地域で見られますが、加工するほどに大きくなるものは、北海道などの寒冷地で豊富に成育しており、北海道・東北地方では、今でも魔よけのお守りとして床柱に使用するという習慣があります。

耐久性が高く腐りにくい上、保存性に優れ、匂いも少ないため茶筒の素材として最適な木です。
当社では、道産の槐のみを使用し、時間をかけて自然乾燥させ、全て職人の手作業で一本物の茶筒に仕上げております。

一本一本に、ご長寿の願いを込めて、お届けいたします。


道産木材へのこだわり

槐(えんじゅ)は中国原産の樹木で、尊貴の木として、最高の官位である「槐位(かいい)」と称され、古来より学問と権威のシンボルとして、出世栄達を願い尊重されてきました。

硬質で緻密な木質は気品に満ち、磨くと美しい艶がでて、完成度の高い作品に仕上がることから、彫刻や細工物のほか、昔から床柱や床カマチなどの建築装飾材として珍重されてきた第一級の樹木です。 ”延寿”や”円寿”、”縁授(縁を授かる)”などとも記し、寿命を延ばし、良縁に恵まれる縁起が良い木として親しまれてきました。
木扁に「鬼」と書くため、鬼門に植えると魔除け・厄除けになるとの言い伝えから、日本でも盛んに植樹され、現在では日本全国の広い地域で見られますが、加工するほどに大きくなるものは、北海道などの寒冷地で豊富に成育しており、北海道・東北地方では、今でも魔よけのお守りとして床柱に使用するという習慣があります。

耐久性が高く腐りにくい上、保存性に優れ、匂いも少ないため茶筒の素材として最適な木です。
当社では、道産の槐のみを使用し、時間をかけて自然乾燥させ、全て職人の手作業で一本物の茶筒に仕上げております。

一本一本に、ご長寿の願いを込めて、お届けいたします。



手づくりへのこだわり

当社の製品は、荒彫りから塗装まで全て木工ろくろを使用し、手作りで制作した製品です。木材は全て自然乾燥を行っており、荒彫り・自然乾燥・仕上げ加工・自然乾燥・塗装と二度の乾燥を経て、狂いの少ない状態に仕上げます。時間がかかりますが、1つ1つ心を込めて制作しています。手作りのため、大きさや形に多少の違いがありますが、それゆえに茶筒と蓋とが一対のものとなるのです。木製の茶筒の利点は、二重構造の蓋により、茶葉にとって適度な湿度を保って保存できる事です。中蓋は気密性が良くなるような構造にデザインし、昭和57年に実用新案登録(登録第1431852号)を取得しております。また、木製の茶筒は時々乾拭きすることにより、年月をかけてさらに光沢のある美しい茶筒となります。





茶筒

円舘工芸舎の茶筒はひとつひとつ心を込めて制作しています。手作りのため、大きさや形に多少の違いはありますが、それゆえに茶筒と蓋とが一対のものとなるのです。木製の茶筒の利点は、二重構造の蓋により、茶葉にとって適度な湿度を保ちつつ保存できることです。





茶筒の種類は、大・中・小の3種類の大きさがあります。
材質は槐(えんじゅ)を使用しています。

【Size】
茶筒(大)直径83mm 高さ153mm
茶筒(中)直径78mm 高さ128mm
茶筒(小)直径78mm 高さ 95mm

 サイズ 価格
 槐 茶筒(大) 11,000円(税込み)
 槐 茶筒(中)  9,350円(税込み)
 槐 茶筒(小)  8,250円(税込み)

送料は、お客様負担で着払いになります。


 サイズ 価格
 槐 無地の茶筒(大) 10,450円(税込み)
 槐 無地の茶筒(中)  8,800円(税込み)
 槐 無地の茶筒(小)  7,700円(税込み)

送料は、お客様負担で着払いになります。


ご注文は以下の用紙をダウンロードのうえFAXで送信頂くか、お問い合わせフォームよりご連絡下さい。

注文書ダウンロード


茶筒の内部は、下の画像のとおり上蓋と中蓋と本体の3構造になっており、蓋は気密性が良くなるようにピッタリとハマる構造です。中蓋の構造は、昭和57年に実用新案登録(登録第1431852号)を取得しております。



無地の茶筒とは、塗装を行わない表面を磨いただけの茶筒です。
素材(槐)の色や質感をそのままの状態で商品にしました。
年月が経つにつれて独特の色合いに変り、風情のある茶筒として楽しめます。



無地の茶筒 中





茶がめ

円舘工芸舎の茶がめはひとつひとつ心を込めて制作しています。茶がめの内部は、上蓋と中蓋と本体の3構造になっており、蓋は気密性が良くなるようにピッタリとハマる構造です。中蓋の構造は、昭和57年に実用新案登録(登録第1431852号)を取得しております。





茶がめの種類は、大・中・小の3種類の大きさがあります。
材質は槐(えんじゅ)を使用しています。

【Size】
茶がめ(大)直径113mm 高さ137mm
茶がめ(中)直径104mm 高さ123mm
茶がめ(小)直径 95mm 高さ106mm



茶がめは 現在、在庫が御座いません。



茶がめの内部は、下の画像のとおり上蓋と中蓋と本体の3構造になっており、蓋は気密性が良くなるようにピッタリとハマる構造です。中蓋の構造は、昭和57年に実用新案登録(登録第1431852号)を取得しております。





槐製骨壺 タマゴ型

【お問合せ先】
 株式会社 山本仏具店
 〒111-0041 東京都台東区元浅草2-10-12
 TEL03-3843-1081 FAX03-3845-2525
 http://www.yamamotobutsuguten.co.jp/

円舘工芸舎

  • 〒092-0069
    北海道網走郡美幌町字日の出1丁目3-17
  • TEL:0152-73-4641
    FAX:0152-73-0275
  • MAIL:info@bien-endate.com

お知らせ

2020-11-12 KINブランドに新商品【森の珈琲】を掲載しました。
2019-10-01 消費税アップに伴い、価格を改定しました。また、新製品「槐 無地の茶筒(大)(中)(小)」を掲載しました。
2018-11-01 商品ラインナップのページに「槐製骨壺 タマゴ型」
を掲載しました。
2018-02-02 円舘工芸舎のパンフレットができました。
こちらよりダウンロードして下さい。
2017-11-10 円舘工芸舎のホームページをオープンしました。

Facebook